富岩水上ラインへようこそ

運航ルート

運航マップ

富岩運河環水公園と岩瀬を結びます。

運航ルート

運河クルーズ

1.牛島閘門

1.牛島閘門

昭和9年に完成。富岩運河といたち川間の水位差(60cm)を調整します。
平成14年に国登録有形文化財に登録。

2.富岩運河の桜・紅葉

2.富岩運河の桜・紅葉

環水公園から中島閘門にかけて、春や冬にも桜を楽しめる名所です。秋には紅葉も楽しめます。

3.国指定重要文化財 中島閘門

3.国指定重要文化財 中島閘門

昭和の土木構造物として初めて国指定重要文化財に選定。操作室内は、建設当時そのままの大理石パネルの操作盤を見る事ができます。

4.富岩運河環水公園

4.富岩運河環水公園

富山の新名所。園内には世界一美しい「スターバックス コーヒー」やフレンチレストラン「ラ・シャンス」があり、富山県美術館内にある人気レストラン「日本橋たいめいけん」やカフェなどは3月25日(土)から利用できます。

5.富山県美術館(TAD) ※8月26日(土)から全開開館

5.富山県美術館(TAD)

ピカソなどの世界的名画の鑑賞はもちろん、アートとデザインを体感できる空間です。創作体験が楽しめるアトリエや、レストラン・カフェも併設。

   
   ■開館時間/美術館 9:30~18:00(入館は~17:30)
         屋 上 庭 園 8:00~22:00(4月29日(土・祝)から利用可)
   ■料金/常設展300円(企画展は別途)、高校生以下無料

6.富山ライトレール

6.富山ライトレール

全国初の本格的なLRT(次世代型路面電車システム)として、平成18年4月に開業し、富山駅北口から岩瀬浜を15分間隔で運行しています。
■ 運賃/200円均一

7.北前船廻船問屋 森家

7.北前船廻船問屋 森家

屋久杉の板戸、小豆島の一枚岩を敷く土間等、かつての繁栄の面影と、歴史を残す国指定重要文化財。名物館長がガイドしてくれます。
■ 開館時間/9:00~17:00(入館は16:00まで)
■ 料金/大人100円 

8.岩瀬カナル会館

8.岩瀬カナル会館

富山の特産品が買える他、名産のシロエビや「きときと」の海の幸を使った鮨やパスタなど、運河を眺めながら食事ができます。
■ 開館時間/9:30~17:00

9.富山港(伏木富山港 富山地区)

暮らしを支える富山の玄関
江戸時代、東岩瀬に加賀藩の蔵が置かれ、大阪への積み出し港として栄えるとともに、北海道交易を中心に廻船問屋が成長し、活況を呈しました。現在は日本海側の「総合的拠点港」として発展を続けています。また、地上約20mの富山港展望台からは、富山湾や能登半島、立山連峰が一望できます。

岩瀬

北前船で栄えた港町 江戸期から明治期にかけて、北前船交易により港町として栄えました。独自の建築様式の発展により、町中心部には現在も当時の様式の家屋が残されています。

●岩瀬大通り
北前船の廻船問屋が立ち並ぶ歴史的街並み。今も「スムシコ」と呼ばれる出格子が印象的な古い街並みが残り、酒屋やガラス工房などに生まれ変わったモダンな町屋もあります。



運河クルーズ:PDFダウンロードはこちら → 各種資料のダウンロードページ