富岩水上ラインへようこそ

環水公園&水上ラインについて

都心のオアシス 富岩運河環水公園 (ふがんうんがかんすいこうえん)

環水公園と立山連峰

 富岩運河環水公園は、富山駅北から徒歩約9分、富山市の中心部に位置する都市公園です。公園からは、雄大な立山連峰を望むことができ、公園と一体となってすばらしい景観を創っています。昭和63年(1988年)に整備を着手し、以後、魅力ある公園となるよう施設整備を進め、平成23年(2011年)に完成しました。
 公園は、富岩運河の舟だまりを利用した水辺の空間を中心として、両岸に遊歩道や芝生のスロープを配置し、憩いの場と水に親しむ環境を演出しています。
 また、園内には、全世界のスターバックス店舗の中から、優れたデザインの店舗に贈られる最優秀賞を受賞した「スターバックスコーヒー環水公園店」、フレンチの鉄人坂井宏行シェフ監修のフレンチレストラン「ラ・シャンス」があり、公園の大きな魅力になっています。

環水公園では、多彩なイベントが満載!

 環水公園では四季折々のイベントを開催し、賑わいを創り出しています。
 春には大道芸や縁日が楽しめる「キッズフェスタ」、夏には花火をメインとしたイベント「夏まつり」、秋から冬には「イルミネーション」、クリスマスイベント「スイート・クリスマス」、バレンタイン時期の「ウィンターファンタジア」等、来園者のみなさまに楽しんでいただける各種イベントを実施しています。
 環水公園夏まつり
 また、フラダンスフェスティバルやジャズコンサート、ワインを楽しむイベント、婚活パーティーなど、県民の皆さんが企画・開催するイベントも数多く実施されています。
 冬の環水公園は、イルミネーションで彩られ、他の季節と一味違う魅力があります。泉と滝の広場には水盤に浮かぶ光のツリーを、天門橋には展望塔が橋脚を支えるように光のベールを装飾しています。2万個のLED電球で飾られた光景は、冬の富山を彩るスポットとして多くの方が訪れています。

魅力の運河クルーズ 富岩水上ライン

 富山県と富山市では、環水公園から中島閘門を通り、岩瀬を結ぶ運河クルーズ「富岩水上ライン」を運航しています。
 県の旅客船「fugan」と「sora」(各定員55名)、市の電気ボート「もみじ」(定員11名)の3隻で、中島便(環水公園~中島閘門)と岩瀬便(環水公園~岩瀬)の定期運航を行うほか、貸切運航を行っています。
(1) クルーズの最大の見どころ「中島閘門(こうもん)」!
 中島閘門は、富岩運河の建設にあわせて、昭和9年(1934年)に造られました。運河のおおよそ中央となる地点に設置され、水位差を二対の扉で調節するパナマ運河方式(前後のゲートを交互に開閉することで水位の異なる水面を調整)の閘門で、中世から近代のヨーロッパで発達した水運技術を取り入れています。
 平成10年(1998年)には「昭和初期の土木技術の完成度の高さを示すもの」として高く評価され、昭和の土木構造物として全国で初めて、国指定重要文化財に指定されました。
 中島閘門での水位調整は、まさに「水のエレベーター」。高低差2.5mもの迫力ある「水のエレベーター」を体験できるのは日本ではここだけです。
中島閘門での水のエレベーター体験者には、「中島閘門カード」をプレゼント!
中島閘門 水のエレベーター
中島閘門カード中島閘門カード
(2) 岩瀬便の終点は、港町岩瀬!
 岩瀬地区は、江戸から明治にかけて北前船交易で栄えた港町です。独自の建築様式の発達により、町の中心部には、現在も当時の様式の家屋が残されています。竹のすだれでできた「簾虫籠(すむしこ)」と呼ばれる出格子(でごうし)が使用されている点が特徴で、外から中は見えませんが、中から外はよく見えるという、全国的にも珍しい格子です。
 北前船回船問屋の面影と歴史を残す国指定重要文化財森家」や伝統的家屋の外観などを修復し、酒屋やガラス工房などに生まれ変わった町屋が立ち並ぶ歴史を感じさせる街なみが見どころです。
 

(3) 岩瀬便の乗船チケットには、ライトレール乗車券も付いています!
 水上ライン岩瀬便のチケットには、全国初の本格的なLRT路面電車「ライトレール」の乗車券が付いています。環水公園から岩瀬までを水上ラインで、岩瀬から富山駅北までをライトレールで、大満足の周遊ルートがおすすめです。
 
富山駅北→(ライトレール)→岩瀬→(水上ライン)→環水公園の周遊も可!
水上ラインとライトレール 

水上ライン 船舶の紹介

 ○「fugan(ふがん)」(乗客定員55名)
  fugan
 ・平成27年3月の就航以来、大人気のソーラー船。
 ・船体には、富山県の主要産業であるアルミを使用。
 ・また、船体前方の曲げガラスには県内企業の技術を採用。
   [全長] 17.8 m、[全幅] 3.3 m

 ○「sora(そら)」(乗客定員55名)
  sora  
 ・富岩水上ラインが就航した平成21年7月から運航しているソーラー船。
 ・船体外装には、県産材のタテヤマスギを使用。
 ・シンプルなデザインが、根強い人気。
   [全長] 12.58m、[全幅]  3.26m

  ○「もみじ」(乗客定員11名)
  もみじ 
 ・平成21年7月(富岩水上ライン就航)から運航。
 ・アメリカの老舗メーカー「Duffy Electric Boat」社製の電気ボート。
 ・コンパクトで愛嬌のあるデザインは、海外のお客様からも大人気。
  [全長] 6.6m、[全幅] 2.8m

 ★各船体レイアウト ←こちらから確認できます。


 富山駅からほど近く、県内外の方々にも楽しんでいただける富山の新名所「環水公園」、「水上ライン」へ、ぜひ一度お越しください!